ニュースレター10号

皆さん、こんにちは、新年が始まりもう1か月が経過しましたね。本当に月日が流れるのは早いものです。皆さんの今年の抱負、目標は何でしょうか?さて、もう警戒されているとは思いますが、インフルエンザA型が流行しています。 第2位の胃腸炎をかなりの差で引き離し、胃腸炎の6倍以上の患者さんの数になっています。当院を受診する子供たちの多くも発熱、大半がインフルエンザです。意外と元気、微熱、熱が出たり出なかっりと皆さんが想像する症状ではない場合もあります。 子供たちの体調がおかしいなと思ったら迷わず受診してください。インフルエンザかも知れませんよ!

大人も診察します
 当院は小児科専門クリニックですが、お子様と一緒に来られたご家族の診察や治療も可能な限り対応しています。お子様の病気がうつっただけで、内科に行くのは大変だと思います。 もちろん、小児科ですから高血圧、糖尿病、狭心症、高脂血症などの本格的な大人の病気は対応できません。熱、咳、鼻、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、発疹、乾燥などなど限られた症状になるとは思いますが、お子様と一緒にお越しの際に体調が芳しくない際は、是非、ご相談ください。可能な限り対応いたします。

【花粉症にもご注意を】
今年の花粉症は2月中旬からと予想されている様です。おの小児科では花粉症も対応しています。アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など花粉症による諸症状にも対応しています。また、鼻吸引も積極的に行っていますので、ご希望の際はご遠慮なくお申し付けください。
【駐車場について】
インフルエンザが多い季節、待合室で待ちたくない、なんていう方々も大勢いらっしゃると思います。その際はお車をお持ちの場合、お車をご利用下さい。駐車スペースは恐らく界隈ナンバーワンですので、診察ギリギリまでお車でお待ちいただけます。自転車の便利な地域ではありますが、季節によってはお車のご活用をお勧めいたします。

昨年、199gの小型高性能ドローンをサンタさんに貰いました。航空法は200gの重量からですので、原則、飛行場所を選ばないという代物です。今までFBなどに何度かアップしましたのでご覧になられた方々もいらっしゃると思います。 ドローンというと一時期色々な事件事故があり、イメージが悪いですよね・・でも、実際、使ってみると、その性能の飛躍的な向上に驚きました。楽しいですよ、ドローン!

編集後記
 実は今年の目標や抱負が定まらず、お正月に買ったダルマに目を入れていません。目標を定め、それを達成する連続だった昨年ですが、それで自分を追い込みダメにした側面がありましたので、今年は自分にも優しく、時には甘やかしながら過ごしたいなと思います。 健康第一ですしね。3月は休診日が多いです。ご連絡しますのでよろしくお願い致します。本年もよろしくお願い致します。

 


こんな症状

診療内容

こんな症状のあるお子さんに・発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐など

診療方針

診療方針

原因を検査で明確に把握し、的確な治療・予防

楽しい雰囲気の院内

列車が走ってる!

院内を列車が走ったり、楽しく子供がかかりやすい雰囲気に

おの小児科のアクセス良好

駐車場22台

尼崎市の阪急武庫之荘駅から 車で約7分
車の中でお待ちいただけます


四コマ漫画動画